山下 きよっつぁん展

P1016248.JPG


 先日 貼り絵の天才 裸の大将 山下清展にいってきました
日曜なのもあってか 混み混みでした
来てはるお客さんはかなり年齢層高く ギャラリーは軽く加齢臭漂ってました
 
展示されている作品はすべてめちゃめちゃかわいくて
これはこれは目が覚め 目が冴え 目が眩む勢いでした
ちかくで見ると ちぎった紙がすっごいこまかくて
こよりを作って 絵に凹凸をださせていたりして
これはこれはふくよかな立体感となって
こちらを圧倒してくるのでした
やわらかくて豊かな作品には
清さんの独特の話口調を思い出させる
不器用な日記が書き足されており
読めばこころが優しい気持ちになって
涙が溢れてくるのでありました
ゴッホに憧れた清さんは油絵にも挑戦されているのですが
それもめちゃめちゃ美しい
ただ 油絵は乾くまで待たなければいけないので
待てない清さんは油絵には没頭できなかったようです
陶器の絵付けもやられていてこれはかなり気に入られたようすで
数展展示されてましたが
これもまためちゃめちゃかわいい

何年も何回も放浪の旅を続けて
おにぎり一つもらえればどこででも行けて
好きな景色と好きなスケッチと貼り絵ができる
こんなまっすぐな生き方をした清さんの心に映る風景が絵になって
今もこうして目近に見れて本当にうれしくおもいました

おにぎりをもらえるアンテナを清さんは
きちんと持ち合わせていたのでしょうが
見知らぬ旅人におにぎりをあげるそんな
いい人が日本にはたくさんいたのですね

PAGE TOP