日々の顔

IMG_0839.JPG
IMG_0834.JPG
IMG_0857.JPG
IMG_0858.JPG
IMG_0913.JPG

小学校まで住んでいた家のふすまの柄
じいっと見ているといつもいろんな絵柄が見えてくるのが
とても不思議だった
それは毎日ちがった絵だった
可愛かったり愛くるしかったりもするが
ときどき おどろおどろしかったり
えぐかったりして
目をそらすのだけど
目をやっただけで、もうそれにしか見えなかったりして
恐くて寝れなかったりする日もあった

きっとその絵はその時の気持ちだったのだと
今になって思う

日々 顔を探すのが好きだ

見つけたら一人で「今日の顔」とつぶやく

電車の車輪
家の壁
まき散らされたゴミの中
何げなく脱ぎ捨てた洋服
食べ残したお皿の上

いろんな顔がこの世にはある
っと同時にいろんな気持ちが自分の中にある
っということは自分の気持ちが顔になる


それは恐くても愛らしくても
今となってはどちらでもいい

たとえおどろおどろしい顔も見つけても
恐くて寝れない日なんて今はないのだから

PAGE TOP