旅したいな病

20150701004931-1ee98fdfceb798b47dc4e0db859083fe5b7c2ec0.jpg


20150701005825-295d2dfb0cb316f56f1eed33ecd5e17b8a6df901.jpg


20150701010000-d2432e24c8c8e4c7616c4d787b0fe5b834347af1.jpg

20150701010054-b66771beec6bcdbfcdfe14824a321914dd01b985.jpg


20150701010139-8e2e7afd5e17cd05fd722995fcc5864ae9a41842.jpg


20150701010321-2f2b91fb6eef17d85d6c7bb56833935a71735573.jpg

ある雑誌の取材で旅のお話をさせてもらった
写真を一枚と言われて
旅の写真を見返す機会に

こんなところあんなところ
もう一度みかえしたらその時いった感覚が
ふっとよぎる

今もそこにはこの景色があってすれ違ったひとたちが
あの場所で同じように生活しているのかもしれないと
そんなことを考えると心がふっと解き放たれる
死ぬほどの数の景色と 死ぬほどの数の人生と

なんでこの体の中にわたしがいるんだろうか
なんでここに暮らして ご飯をたべたり
音楽をつくっったり歌をうたったりしているんだろうか

小雨が降る涼しい夜になあ
泳ぐみたいに空をとんでなあ
ちりちりとわたし
風にとかされてしまったらいい

PAGE TOP