モロッコ旅行記No.5

1月13日
9:30起床。
ガイドさんに村のじゅうたん屋に連れていかれる。
じゅうたんは買いません。
ぷらぷら歩いてもの売りの子供が素足で
リュックからカラフルな色のラクダの人形をいっぱいだしてきた。
母親がつくって、子供に売りに行かせている。
とは、言え、ラクダくんかわいいので購入。

sabaku8.jpg

生きていくのに一生懸命だ。
つーんと心をつかれたようだ。
キャメルマンとガイドさんと白いラクダに乗って、
ベルベル人のテントまで砂漠を渡る。
白いラクダの名前はジミ・ヘンドリックス 宿のラクダ。
めっちゃかわいい。ネバーエンディングストーリーのファルコンみたいだ。

sabaku1.jpg


砂漠の世界は無空間。
奥行きや高さや低さや全部の間隔がまひしてしまう。
こんな美しい世界が何千年も何億年も存在していたと思うと、
人間はなぜ生かされてるのか考えてしまう。
生まれたて赤ちゃんの肌のような砂丘。
さらさらの砂が、風がつくった波模様の上を水のように走る。
なんでかわからんけど涙がでてくる。
わけのわからん涙。

sabaku16.jpg

夜はテントでベルベル人とジャンベと歌セッション。
キャンプファイヤーで月が沈むのを待って、砂丘の上で星観察。
日本で見るオリオンも北斗七星も月もちゃんとあるのに、
ここでは全部生き生きして光って見える。
光ってるけど夜の砂漠はこわい。
ほんまにこわい。
ベルベル人にU・F・O 宇宙人通じない。
これが全てで生きた人は強い。
なん弱な自分にまた泣けてきた。

つづく

PAGE TOP